少なくなったBDレンタル、

 久しぶりにTSUTAYAに映画のレンタル新作は無いかと行ってみた。

 そして以前からさらに、BD(ブルーレイ)レンタル提供数が減っているのに驚いた。
 たぶん一年前だったら、レンタルするならBDに限る、DVDしか提供されていない映画は見ない!だっただろう、
 でも今は、BDがあったらラッキー、5本まとめ借りする為にDVDを何枚か必ず借りる。

 今日のBD・DVDの配分は

BDDVD.jpg

 2:3、願わくば4:1、せめて3:2であって欲しかったのだが、
 この中でBD作品は”見てみたい”の範疇、DVDは”見てもいいかな”、”数合わせに見るか”の範疇、

 なぜBDに拘るのか?
 画質・音質の圧倒的な差!
  DVD:  720X  480( 35万画素)  5.1Ch
  B D: 1920X1080(207万画素)  7.1Ch
  4 K: 3840X2160(829万画素)  7.1Ch

 どんなにAVアンプがDVD画質をアップコンバートしてもBDには追い付かない。
 さらに4KTVで見るには、BDから4Kはかなり良い状態だが、DVDから4Kではボケが出てしまう。

 どうせなら鮮明で発色の良い画質で、7.1Ch(我が家は一応9.1Ch)で音に包まれて見てみたい。

 今日”Hivi”というオーディオ・ビジュアルの雑誌が発売され、毎月楽天ブックスで読んでいるが、この本を読む人の数は今やかなり減っているのでは?
 この本での画質・音質への拘りは、BD:DVDの比ではないハイレベル、とてもついては行けない”あこがれの世界”として楽しんでいる。

 せめてレンタルビデオは、数少ないHiviファンの為にもBDでの作品提供をお願いしたい!!!!!

この記事へのコメント