マンション総合保険、契約満了まで1年半、値上がりするとか、

 2022.06まで契約期間があるマンション総合保険、5年契約で保険料164万円、
 これが次回更改の時には200万円を超えるのではと管理会社から云われている。

 保険会社の支払いが、2018年の台風21号、24号、西日本豪雨などで増加したことが要因とのことだが、2019年の台風19号を始めとする災害は今回の値上げの基礎に含まれていないという。

 ということは、我がマンションの契約の時は今の想定よりもっと上がって230万円くらいになるということ?
 嬉しくない見通しだ。

 しかも、保険金の支払い実績に応じて割引率が下がるというのだが、2019年の台風19号で現に保険金の支払いを2019年、2020年に受けている。
 これは事故件数に入るのだろうか?

 この4年間で受取保険金は96万円、これまでになく金額が多い。それでも保険料には到達していない。
 元がとれるほどの災害が起きても困るが、100万円超の安心料というのも高い。

 個人で掛けている各種保険、健康保険、介護保険なども、ほとんど掛捨て状態、
 何事も無くて良かったと喜ぶべきなのだろうな、しっくり来ないが、

 マンションとなるともう一歩実感が遠のくから、もっとすっきりしない!!!

この記事へのコメント