光回線を入れたがスピードが変わらない?

 念願の光回線を自宅まで引き込む工事がやっと完成した。
 これまでマンションの入り口まで100Mbpsの光回線が来ていたが、各戸まではVDSL配線、どんなに頑張っても100Mbps出ることはない。
BeforeOp.jpg

 それでも90Mbps出るのは良い方だろう。

 今度加入した光回線は概ね1Gbps、当然今よりは良くなるだろうし、どこまでスピードが上がるか楽しみにしていた。
 早速、リビングにあるパソコンでチェック、光端子から一番近い位置にある。
Living.jpg

 上はGoogleのスピードテスト、下り330Mbpsを超えているので格段に速くなった。他のサイトの結果は400Mbps超え、これなら◎!

 では、自分の部屋のパソコンではどうか?
 結果、
AfteOp1.jpg

 全く変わらない。思わず、ウソ!と呟いてしまった。

 スイッチングハブはGigaタイプなので問題は無い。ということはLANケーブルが古いから100Mbps仕様になっているかも?
LanCable.jpg

 早速電器屋に行ってカテゴリー6のLANケーブルを調達、もう少し上のレベルでも良かったのだが、20mのものはコレしか売っていなかった。

 配線の変更は結構大変なので、とりあえずルーターからそのままケーブルを引っ張ってきてテスト、
AfterOp23.jpg

 リビングより良い結果が出ている。

 LANケーブルに落とし穴があるとは思ってもみなかった。
 今回インターネットサービスを概ね1Gbpsに変更して、月額料金は¥2850から¥3050になっただけ、これでこれほどまでのスピードの改善が図られるのは、とてもコストパフォーマンスが良い。しかも光回線変更に伴う工事費はキャンペーン中なので無料!
 インターネットのプロバイダーは今までどおりで、NTTのONUからLANケーブルを繋ぐだけで何も手続きも設定変更も無い。

 LANケーブルの仕様さえ確認していれば、快適なインターネットが即利用できていたハズだった!!!

この記事へのコメント